2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.02 (Wed)

DIY五線ボードで作成(ホワイトボードシートを使って)

念願の五線ボードが完成。最終寸法入デッサン120×80(4段)(注・コレはFinale+ペイントデッサン段階)

五線ボード、ヤフオクでも高いんですよね(5万以上)。音屋さんでもこの位します(4段だったら買ったのに、泣)。
五線と五線の間隔も意外と重要だったりします(ギターの場合は線を追加してTAB譜にしたり等)。

なんとか自作しよう!と検索すると、こんな感じで罫線テープや油性ペンとか出てましたが、もっと良いの無いかなと思ったらありました。→ホワイトボードラミネート片面粘着テープS114

早速ボード購入じゃ!と先走り、落札一店目はまさかの不良店(品も)でした(返金出来て良かった)。

気を取り直して2店目で「120×80片面ホワイトボード脚付7980円送料込」を買いました。

コレが良くてですね①応答が良い②安い③好評価で購入しました。到着も早く、物も上出来の文句なし。
120×80ボード

この裏面に五線シートを貼り、フレーム中に潜り込ませるサイズで発注。早速、消えないか千指(?)観音ばりにこすってみました(アホカ)。質感も良い感じで、消えない五線以外はちゃんと消えます。
到着・確認

貼るのがちょっと心配でしたが、お店からの貼付動画を参考にやってみました。
貼付過程①

最後にフレームで挟み込んで完成。ちょっと気泡が入っちゃいましたが、ぜんぜん使えますよ。
材料費含めて2万円かかってないです。しかもこのシート、表に元々付いていたホワイトボードより消し易く、跡が残りません。
完成

ただの五線だけでなくTAB譜、ダイアグラム譜等のカスタマイズも出来るので、安く五線ボードが手に入るしとてもお勧めです。


スポンサーサイト
21:04  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://soundlabolesson.blog129.fc2.com/tb.php/10-0f4410e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。