2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.04 (Sun)

9/4(日)【気仙沼西高校文化祭特別バンド】 Pescado de Oro(ペスカオ・デ・オロ)

昔私がいた教室で、今も現役で通ってらっしゃる村上さんから連絡があり気仙沼西高へ。村上さんは音楽支援で何度も気仙沼のみならず、色々な被災地に足を運んでいただいてます。
なにやらラテン系バンドが来るとの事で早速行ってみました。

Pescado de Oro(ペスカオ・デ・オロ)というバンドです。気仙沼西高校文化祭の特別バンドらしく、
ノリノリの熱い演奏が聞けました。飲みながら見たい(笑)。詳細La Conversacion~いばよしの会話~

P1000001.jpg

橋田“ぺッカー”正人さんにお話をお伺いした所、明日は鹿折と唐桑の小中学校に支援楽器の提供と音楽指導されるそうです。
今回の震災により、被災地には沢山の楽器が配られています。しかし楽器を使ってどのように演奏するか(個人の自由という意見も有りますが)まではなかなか手が回らないのが現状です。

楽器支援にこの音楽指導も入ると「楽器支援→音楽指導→音楽普及→地域復興」は遠くないはずです。

ぺッカーさんはその辺のところまでを考え、つい先日NPO法人を設立されたそうです。本当に有り難いです。

私も過去に音楽普及に携わった人間として、指導という重要性・責任の重さは痛いほど分かります。
音楽とは本来自由であるはずですが、文化的レベルで考える場合、伝統や歴史を継承するのにはやはり経験と資格が必要になります。

教える専門家がいなくてはいけないのです。ぺッカーさんに大賛成です。何の職業でも資格や認定が必要なように、音楽に携わる方も資格・認定が必要になります。

己の欲・名声のためではなく、楽しみ・癒し・後進の育成、そんな音楽環境が整う事を願っています。

さいごに。何かどこかで繋がってると思いましたが、昔東京いたときの友人バンドのメンバーさんがいました。
人生はやはり必然です。



スポンサーサイト
21:48  |  ライブ情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://soundlabolesson.blog129.fc2.com/tb.php/67-142046a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。